Windows10でWindows Subsystem for Linux (WSL)をインストールする

Windows上でLinuxを利用できるWindows Subsystem for Linux (WSL)をインストールする方法を紹介します。

参考

Windows 10 用 Windows Subsystem for Linux のインストール ガイド

Windows Subsystem for Linuxを有効化する

Windowsボタンを右クリックし、PoweShellを管理者として実行します。ここで

dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart

と入力します。

仮想マシンの機能を有効にする

仮想マシンの機能を有効化するには、管理者としてPoweShellを実行して、

dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart

と入力します。

PCを再起動して、機能を有効化します。

GUIで設定する方法

上記ではコマンドラインからWSLや仮想マシンの設定をしましたが、GUIで設定する方法もあります。

スタートボタンを右クリックして「アプリと機能」をクリックします。

「設定」の「プログラムと機能」をクリックします。

「プログラムと機能」の「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。

「Windowsの機能」で「Linux 用 Windows サブシステム」と「仮想マシンプラットフォーム」をチェックします。

PCを再起動して、機能を有効化します。

Linux カーネル更新プログラム パッケージをインストールする

WSL2 Linux カーネル更新プログラム パッケージをダウンロードし、インストールします。

WSL2を規定のバージョンとして設定する

管理者としてPoweShellを実行し、

wsl --set-default-version 2

と入力します。

Microsoft StoreからUbuntuをダウンロードしてインストールする

Microsoft Storeには様々なLinuxディストリビューションがありますが、今回はUbuntuをインストールします。スタートボタンからMicrosoft Storeを実行し、Ubuntuを検索します。

スタートメニューにUbuntuが追加されているので、実行します。

タイトルとURLをコピーしました