Windows10でチェックディスク(chkdsk)を実行してエラーを修復する

Windows10でファイルシステムのエラーを検出、修復するシステムツールがチェックディスク(chkdsk)です。

GUIでの実行

スタートボタンをクリックして「Windowsシステムツール」から「PC」をクリックします。

チェックディスクを実行したいドライブを右クリックしてプロパティをクリックします。

Windowsのプロパティのツールタブのエラーチェックからチェックをクリックします。

「このドライブをスキャンする必要はありません」というメッセージがここでは出ていますが、エラーがある場合はエラーメッセージが表示されます。「ドライブのスキャン」をクリックしてチェックディスクを実行してみます。

スキャン中というメッセージが表示され、チェックディスクが実行中であることがわかります。

「お使いのドライブは正常にスキャンされました」と表示され、エラーが無かったことが確認されました。

「詳細の表示」をクリックすると、イベントビューアーが立ち上がり、チェックディスクの詳細が表示されます。

まとめ

今回はチェックディスク(chkdsk)でのエラーチェックをする方法を紹介しました。PCの調子が悪いときは、「Windowsの調子が悪いときにsfc /scannowとDISM.exeでシステムファイルを修復する」や、「Windows10でメモリ診断を実行する」などの記事で紹介したツールと併用してトラブルを解決するのがいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました