Windows10でOpenJDKをインストールする

Javaの開発環境である、OpenJDKをインストールします。

OpenJDKのダウンロードとインストール

jdk.java.netから「JDK15」をクリックします。

ダウンロードのページに行くので、Windows/x64のzipをクリックします。

ダウンロードされたzipファイルを展開します。

ここでは「C¥jdk-15.0.1」にフォルダを展開したという前提で以下、インストールを進めます。

環境変数の設定

エクスプローラーからPCを右クリックしてプロパティをクリックします。

システムの「システムの詳細設定」をクリックします。

「システムのプロパティ」の「環境変数」をクリックします。

「システム環境変数」で「新規」をクリックして環境変数JAVA_HOMEを追加します。

JAVA_HOMEに先ほど展開したOpenJDKのフォルダ「C¥jdk-15.0.1」を設定します。

システム環境変数のPathに「C¥jdk-15.0.1¥bin」を追加します。

OpenJDKのバージョンを確認

コマンドプロンプトを開き、

java -version

と入力して実行します。以下のようにJavaのバージョン情報が出力されたら、Javaが設定されたことが確認できます。

タイトルとURLをコピーしました