Windows10でメモリ診断を実行する

ブルースクリーンが起こるなど、PCの調子が悪い時にメモリが原因になっている場合があります。その時にメモリ診断を実行して原因を調査することができます。

メモリ診断の使い方

スタートから「Windows管理ツール」の「メモリ診断」をクリックします。

「Windowsメモリ診断」が起動されるので、「今すぐ再起動して問題の有無を確認する(推奨)」をクリックします。

「Windowsメモリ診断ツール」という画面が表示され、メモリ診断が始まるので、終わるまで待ちます。メモリに問題がなければ再起動後に「メモリエラーは検出されませんでした。」というメッセージが表示されます。

イベントビューアーで結果を確認する

また、イベントビューアーでメモリ診断の結果を確認することもできます。

スタート→管理ツール→イベント ビューアーからイベントビューアーを起動します。

「Windowsログ」をクリックして開きます。

「システム」を右クリックして、「検索」をクリックします。

検索ボックスに「MemoryDiagnostics-Results」と入力します。

「全般」タブに「Windowsメモリ診断によりコンピューターのメモリがテストされましたが、エラーは検出されませんでした」と表示されています。

まとめ

Windowsに不具合が起こるときには、Windowsの調子が悪いときにsfc /scannowとDISM.exeでシステムファイルを修復するで紹介したようなシステムファイルの修復や、メモリ診断と組み合わせて原因を特定し、改善しましょう。

タイトルとURLをコピーしました