KotlinでHello Worldを表示してみる

プログラミング言語Kotlinで”Hello World”を出力します。

println関数による表示

ブラウザ上でKotlinの動作確認をできるKotlin Playgroundで右上のRUNボタンを押して、

fun main() {
    println("Hello, world!!!")
}

を実行します。”Hello, world!!!”が表示されます。

valキーワードで変数を宣言して表示させる

変数を定義して表示してみます。

fun main() {
    val str: String = "Hello World!!!"
    println(str)
}

valキーワードでstrというString型(文字列型)の変数を定義して、それをprintln関数で表示させています。

valキーワードは再代入不可能な変数を定義します。下記のコードでは、

fun main() {
    val str: String = "Hello World!!!"
    str = "Good Bye"
    println(str)
}


Val cannot be reassignedというエラーメッセージが出て、変数strに新しい文字列を再代入できないことがわかります。

varキーワードで変数を宣言して表示させる

fun main() {
    var str: String = "Hello World!!!"
    str = "Good Bye"
    println(str)
}

今度は再代入可能な変数を宣言するvarキーワードで変数strを定義して表示させています。

変数strに新しい文字列”Good Bye”を代入して、それが表示されることを確認できます。

まとめ

今回はKotlinで”Hello World”を表示する方法を紹介しました。その中で、以下の事を紹介しました。

  1. println関数で文字を表示する
  2. valキーワードは再代入不可能な変数を定義する
  3. varキーワードは再代入可能な変数を定義する

タイトルとURLをコピーしました