スパムなどの疑わしいIPアドレスをCleanTalkで調査する

このサイトを運用しているレンタルサーバーのアクセス解析を眺めていたところ、日本国外のIPアドレスからの攻撃をWAFが検知していたので、そのIPについて調べてみました。

CleanTalkでIPアドレスを調査する

あるIPアドレスがスパムかどうかという情報を収集しているサイトとして、「CleanTalk」というサイトがあります。

CleanTalkは、WordPressのようなCMS用のスパム対策プラグインを作っていたり、スパムと思しきIPアドレスを収集し、データベース化しているサイトです。

このサイトのトップページ下部にある、「Check IP Addresses, Email, Subnet, Domain for Spam in BlackList DataBase」と書いてあるテキストボックスに、今回攻撃を受けたIPアドレス「193.106.30.100」を入力します。

すると、検索結果が出ます。案の定、スパムとして報告されているIPアドレスのようです。

「Status」では、このIPアドレスは、CleanTalkによって、ブラックリストにされており、また、ブルートフォースアタックなどの攻撃手法を行っていることがわかります。

「Details」では、このIPアドレスに関する詳細な情報が表示されます。このIPアドレスは、ウクライナのホスティングサービスのものであり、スパム率が81.38%であることがわかります。

当該IPアドレスは、他のウェブサイトから攻撃を報告されており、極めて疑わしいIPアドレスであることがわかります。

まとめ

今回は、疑わしいIPアドレスがスパムや攻撃を繰り返しているかどうかを調査できるサイト「CleanTalk」で、IPアドレスを調べる方法を紹介しました。

ある特定のIPアドレスから攻撃を受けているとか、大量のアクセスを受けているといった場合に使ってみるのがいいと思います。

参考

CleanTalk

タイトルとURLをコピーしました