Google検索をより便利に使う特別構文

inurl:

inurl:はURLに検索対象が含まれているかを返します。

例えば、

inurl:2666

でURLに2666というキーワードが入っているページを検索できます。

intitle:

intitle:はWebページのタイトルを対象に検索する特別構文です。

intext:

intext:は本文に検索対象が含まれているかどうかを検索できます。。

site:

site:は指定したサイトやドメイン内だけを対象に検索できます。

例えば、

統計 site:go.jp

とすればgo.jpの日本の政府ドメインを対象にした統計データなどのWebページが検索できます。

filetype:

filetype:でファイルタイプを指定することができます。例えば、線形代数の講義ノートなどを探したいとすれば、

線形代数 filetype:pdf

と検索すれば、講義ノートなどを検索できる可能性が高くなります。

site:と合わせて、

線形代数 filetype:pdf site:ac.jp

と検索すると、大学のドメインの線形代数のpdfを検索することになり、より講義ノートなどを見つけやすくなります。

まとめ

Google検索の特別構文を使って検索をより便利に使いましょう。

タイトルとURLをコピーしました